てんてんblog

幸せな家庭に見えた親から離婚した事実を一年後に告げられる。理由は10年単身赴任をしていた父の不倫。単身赴任で孤独な父、必死に家庭を守る母。現在母親はパートで日銭を稼ぐ。誰も悪くないのに全員不幸。 そんな家庭にならないための仕事選び、夫婦円満の秘訣を呟きます。 転職エージェント所属/一児の父/結婚3年週3セックス

産後夫婦喧嘩が急増した私が妻に対してプレゼンした結果・・・

f:id:vchangeingjob:20180718215033j:plain

みなさんこんにちは。てんてんです。

 

子供が生まれる前は夫婦それぞれ好きなことできていたのが、子供中心の生活でお互いの余裕がなくなり、結果夫婦喧嘩が勃発!

ほとんどの夫婦がこの道を一度は通るのではないでしょうか?

 

そして、もれなく我が家にもその波はやってきました。

 てんてん家の日常

 

てんつま 

「はぁ。。youtubeばっかりみて。。」

「いつまでごろごろしてるの!!」

「パソコンばっかり触ってないで、手伝ってよ!」

 

てんてん 

「わかったわかった。はいはい。。。」

 

てんてんの心の中

「こんなこと、子供が生まれる前は言ってなかったのに。。。変わるもんだな〜。。。」

 

そう思いながら、僕は妻に気を遣いながら休日を過ごし、平日よりも休日の方が気を張っているという状況にいつの間にかなってしまいました。

 

ただこういった状況は私も妻も望んではいません。

「幸せな家庭を作る」

という一つのゴールに向かって走っているはずなのに、何かすれ違いが起きている。

これはまずい。なんとか解決策はないものかと考えていたところ一つの案が浮かびました。

 

「スライド作ってプレゼンしたら面白いんじゃね?」

 

というのも、妻はベイビーのことでバタバタしており、時間がなかなか取れないこと。また、論点をまとめて話さないと、感情的な話になってしまう可能性があること。

上記のことを踏まえた上で、きちんと自分が言いたいこと、相手が思っているであろうことをまとめてそれに対する解決策をプレゼンテーションで提示しようじゃないかと思ったのです。

 

いざプレゼンの時!

f:id:vchangeingjob:20180718215411j:plain

 

思い立ったが吉日、妻が外出している間にささっと論点をまとめ、スライドを製作。

 帰ってきたところに、ここぞとばかりに話しかけました。

 

てんてん

「ねーねーてんつまー( ´ ▽ ` )ノ」

 

てんつま

「なに??今忙しいんだけど。。(´Д` )」

 

てんてん

「じゃじゃん!(≧∇≦)休日がもっと楽しくなるようにスライド作ったんだ〜。( ^ω^ )後で時間くれない??^o^」

 

てんつま

「ふーん。(°_°)わかった。後で時間とるわ〜。(=゚ω゚)ノ」

 

こんな感じで、 時間を取り付けることに成功!

一通り家事が片付いたあと、妻から「プレゼン聞かせてーε-(´∀`; )」と向こうから依頼があるぐらい食い気味に来てくれました!

しめしめと思いながら、PC片手に必死にプレゼン!

 

「自分の居心地があまり良くないこと」

「ツイッターの運用をもっと頑張って、生活費の足しにできたらと思っていること。」

「少しぐらいyoutubeを見る時間がほしいこと」

 

を伝えるとともに、

 

「てんつまがいつも頑張ってくれていること」
「自分も協力しなければならないと思っていること」

「子供との時間をもっととれるようにしたいこと」

 

そして、それを実現するために、家族のルールを作ろう!ということを伝えました。

 

そのスライドがこちら

 ※30分で作ったのでクオリティはご愛嬌です。笑

 

この記事を通じて伝えたかったこと

結果として、

 

「そんなこと思ってたんだ〜ごめんね´д` ;」

「私はこう思っているからもっとこうしてほしい(*`へ´*)」

「ルールはもっとこうしたら??(*^o^*)」

 

といった建設的な意見を聞くことができ、てんてん家のルールが新たに追加されることとなりました。

なにより嬉しかったのは妻から「いろいろ家族のことを考えてくれてありがとう♪( ´▽`)嬉しい(^O^)」という言葉までもらうことができたことです。

 

ただ、勘違いしてほしくないのは、私がこの記事で伝えたかったことは、 

 

「困った時にプレゼンテーションをしましょう」

 

ということではではなくて、

 

「お互いに思っていることがある時は気持ちが離れる前にきちんと話し合いをしましょう」

 

ということです。いろいろな方を見ていると、長く良い関係を保っていくには、気持ちが離れそうな瞬間にどれだけ相手と話しあえるかが一番重要です。

確かに、非常に面倒臭いことであることは間違いないですし、長く生活をともにすればするほど、もういっかとなってしまう気持ちも分かります。

でも、その時に話し合わなければ、徐々に二人の距離は広がり、気持ちはがどんどん離れていく一方です。それが、3年、5年、10年と続くともう取り返しがつきません。

 

長い夫婦生活。うまくいっていないなーと思った時は、この記事を見ているあなたが一肌脱いで、相手と話し合う場を設けるよう働きかけてみもいいかもしれません。

 

いろいろ意見が飛び交うでしょうが、最終的には相手に感謝されるはずです。

 

おしまい。

f:id:vchangeingjob:20180718215547j:plain